ヤクルト本社は7月から、店頭主体で販売する乳製品乳酸菌飲料「Y1000」の生産体制を強化、急増する需要に対応する。7月から生産ラインを1ライン追加、2ライン体制で生産。生産本数については開示していない。年内をめどに、さらなる生産能力の増強も計画する。「Y1000」同様、想定を上回る需要増により需要が急拡大している