アイデアを出すことは、どんな仕事でも求められるもの。コピーライターである『100案思考 「書けない」「思いつかない」「通らない」がなくなる』(橋口幸生 著、マガジンハウス)の著者はこう主張しています。自身の仕事についても、広告の文章を書く仕事というより、「アイデアを文章として表現する仕事」だと考えている