千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で、数頭のゾウが相次いで体調を崩し、うち30歳と35歳の雌2頭が16日に死んだことが17日、園への取材で分かった。