「どうしても教師になりたい」という夢を諦めることができず37歳で大学に入学した女性が、高校卒業から約30年後に教師として教壇に立ち10年が経った。女性が就職したのはかつて清掃員として働いていた学校で、「夢を追いかけるのに年齢は関係ない。ベストを尽くせば夢は叶う」と多くの人をインスパイアしている。『TODAY』