2014年に83歳で惜しまれつつこの世を去った高倉健。今年は各地で生誕90年のイベントが開かれるなど、昭和・平成を代表する映画スターとして、その人気はいまだ衰えることがない。生前は寡黙なイメージを貫いた高倉だったが、実際はどうだったのか。元東映宣伝担当で親交が厚かった佐々木嗣郎氏が述懐する。***