未成年の教え子に性的暴行を加えた容疑で拘束起訴された元柔道韓国代表のワン・ギチュン被告(32)が、控訴審でも懲役6年を宣告された。大邱(テグ)高裁刑事1-2部(チョ・ジング部長判事)は5月13日、児童・青少年の性保護に関する法律違反の疑い(強姦など)で拘束起訴されたワン・ギチュンに懲役6年を言い渡した。裁判所