「取材先の家の前で、相手が帰ってくるまでひたすら待つ」「休日でも呼び出しがあれば現場に直行する」など、ブラック労働のイメージが強い新聞記者。発行部数が激減し、存亡の危機に立たされる中、若手記者は何を思っているのだろう。若手記者3人にリアルな働き方や、上司に抱く本音を率直に語ってもらったところ、意外に