ロシアで収監されている野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)の医師団は22日、同氏にハンガーストライキを即刻やめるよう強く訴えた。さもなければ死亡する恐れがあるとしている。医師団はウェブサイト「メディアゾナ」で声明を公表。20日にモスクワ郊外の病院でナワリヌイ氏が受けた診察・検査の結果を見ての判断