政府の基本的対処方針分科会の尾身茂会長は23日の衆院厚労委員会で、緊急事態宣言について「多くのメンバーが5月11日に無条件で解除するという意見ではなかった」と明らかにした。