「オリックス7−6西武」(22日、京セラドーム大阪)西武は悪夢の大逆転サヨナラ負けで、引き分けを挟んで4連敗となった。痛恨のプレーは3点リードの九回2死一、二塁。ジョーンズの三ゴロを処理した佐藤龍世内野手が二塁に送球。代走の小田が滑り込んで微妙なタイミングとなったが、一度はアウトと判定された。