2021年のiPhone 13(仮)シリーズではProモデルのみが120Hz表示に対応するとの予想が有力となっています。そして翌年、2022年のiPhone 14(仮)シリーズでは全機種が120Hz対応ディスプレイを搭載すると示唆するアナリストの発言が伝えられています。ウワサの発信源となったのは、ディスプレイ専門家アナリストのRoss Young氏で