アトピーの痒みを抑制する化合物を新たに開発 九州大学らが発表

ざっくり言うと

  • 九州大学の研究グループが15日、アトピー性皮膚炎に関する研究成果を発表
  • 痒みを起こす物質の合成を阻害する化合物を、新たに開発したとのこと
  • この化合物により「痒みを大元から断つ」治療が可能となることが期待される
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド