◆ ガンケル4戦4勝「こんなにやるとは」セ・リーグ首位を走る阪神が7連勝。来日2年目のガンケルがやヤクルト打線を6回5安打1失点に抑え、ハーラートップの4勝目を掴んだ。打線は相手先発の小川泰弘を早々に攻略。初回に4番・大山悠輔の犠飛で先制すると、3回にはイニング先頭の9番・ガンケルが中安打で口火をきり打者一