かつて日本ではJAL、ANA、JASの3社がほとんどの国内線を飛ぶ時代が続いていました。そこに至るまでどのような経緯があったのでしょうか。そして、新規航空会社が一気に増えた現代、その3社体制からどう変わったのでしょう。戦後航空解禁でJALがデビュー 相次ぐ航空会社の設立計画かつて日本の航空会社は片手で数えられる