●ボス商品を紹介休憩時間の相棒であり、残業時間の強い味方でもある「缶コーヒー」。ミニマムなサイズ感は持ち歩きにもぴったりで、働く社会人であれば飲んだことがない人を探すほうが難しい定番商品だ。軽く調べただけで50を越える商品が販売されているのだが、味の違いってどのくらいあるのだろうか。そんな疑問を回収す