遠い異国の地で孤軍奮闘した日本人が、世界の新たな「王者」となった。4月11日、男子ゴルフの松山英樹選手(29才)が、アメリカで行われたメジャー大会「マスターズ・トーナメント」で初優勝を果たした。マスターズ優勝は日本人、そしてアジア人初の快挙。その活躍を支えたのは、日本で帰りを待つ家族の存在だという。【