「阪神6−0広島」(14日、甲子園球場)遊ゴロで3アウト−。誰もがそう思った瞬間、田中広のグラブから白球がこぼれた。ピンチが広がり、森下が中野に先制の右前適時打を浴びた。痛恨の失策だった。「あそこの1点がなければ、全然違う展開になっていたと思う」。バスへ乗り込む前、田中広は敗戦の責任を背負う言