大きく口を開けて息を吸う「あくび」はある人から別の人にうつることが知られており、過去には「乳幼児は他人からあくびがうつされることがなく、あくびがうつるのは5歳頃から」との研究結果も報告されています。人間だけでなくサルやイヌ、ネコなどの哺乳類やインコをはじめとする鳥類もあくびをすることが知られています