先行力が光るワールドリバイバルは、菱田を背に坂路で併せ馬。ラストは先行したパナプリ(3歳1勝クラス)に首差届かなかったが、馬なりのまま4F53秒9〜1F12秒6で手応えには余裕があった。牧田師は「最後で並ぶ形だったけど反応も良くて状態はいいと思う」とジャッジ。ここ3走は逃げる競馬だったが「今回もハナに行く形