人生の後半戦の正念場のひとつが「親の死」だ。父や母が亡くなった後、悲しむ間もなく、待ち受けるのが「おひとりさま」になった親を巡る問題である。父の死後、「女は強し」を肌で感じたと語るのは、関西大学名誉教授の宮本勝浩氏(76)だ。【写真】さわやかな白シャツ姿の釜本邦茂氏。他、関西大学名誉教授の宮本勝浩氏