イクメンという言葉が普及し、働き方改革やダイバーシティの推進によって、男性の育児参加についての関心が高まっている。さらに、厚生労働省が2022年を目処に「男性版産休」(出生時育児休業)の新設に向けて動き出していることからも、今後より一層注目度が高くなることが予想される。そんななか、株式会社ベネッセ