スマートフォンメーカーにとって中国市場は最大の市場であり、ここで大きなシェアを取ることには重要な意味があります。2021年1月のシェア調査で、Oppoが初めて中国市場でシェア首位を獲得したことがわかりました。一方、Huaweiはアメリカの制裁の影響を受け、低迷を続けています。21%のシェアを獲得したOppo調査会社