「2年程前から喉の違和感を訴え、歌だけでなく、普段の会話も困難な状況が続いておりました。様々な検査や治療を施して参りましたが改善されず、最終的に『喉のジストニア(痙攣性発声障害)』であるとの診断を受けました」3月2日、公式サイトを通じてこのように病を公表したのは演歌歌手の伍代夏子(59)だ。「できる限り