「人間失格」といえば、誰しも題名は聞いたことがあるだろう日本の名作文学である。「恥の多い生涯を送ってきました」――こんな書き出しで始まるこの作品は、昭和期に活躍した文豪・太宰治(1909〜1948)によって著された。彼の代表作の1つであり、初版が出版されてから現在までに、さまざまな出版社から販売されている。