世界の美術品市場は7兆円を超え、日本においても市場規模の拡大が続いている。ときに億単位で取引されるアートがニュースに取り上げられることもあるが、なぜアートにそれだけの価値が生まれるのだろうか。『アート思考』の著者である秋元雄史氏が、アートの価値についてさまざまな視点から語る。写真=iStock.com/CribbVi