東日本大震災から10年──。2月13日深夜に起きた福島県沖地震では、揺れの検知から津波の有無まで、かつてない速さと精度で伝えられた。地震や津波の発生時に、震源や規模、津波の有無、波の高さなどを解析する気象庁の地震活動等総合監視システム『EPOS』が継続的にアップデートされ、進化しているのだ。【写真】上下2画