戦国や江戸の世を生きた歴史人物たちの「死」は、「志半ばでの無念の死を遂げた」、「余生を静かに過ごした」などと抽象的に描かれることが少なくありません。とおい昔の話ですし、とくに疑問を持つわけでもなく「なるほど〜」と終わらせてしまうことがほとんどでしょう。ところが驚くことに、現代人の私たちにとっても教訓