Cindy Ord/Getty Imagesボットと呼ばれるソフトウェアを使い、オンラインで大量購入したチケットを高額転売していたニューヨーク州グレートネックの3つのチケットブローカーが、それぞれ約160万ドル、約150万ドル、約50万ドルの罰金を支払うことで合意、連邦取引委員会(FTC)および米連邦検事局と和解に至ったと発表されてい