「飲酒絡みの失敗ほど嫌なものはない」という人は多いのではないだろうか。酩酊状態であれば、当時の状況など知る由もない。しかし、時間とともに解き明かされる真実を知っていくのはジャブの連打で蓄積されるような、鈍くて思いダメージに近いだろう。そんな酒で失敗した経験があるキャリコネニュース読者からは、電車内だ