2月1日のキャンプインを控え、プロ野球では新人の合同自主トレが話題となる時期となった。昨年のドラフトでは早川隆久(早稲田大→楽天)、佐藤輝明(近畿大→阪神)に4球団が競合したが、一番人気の選手がルーキーイヤーにそのまま活躍するとは限らない。そこで今回はドラフトで下位指名ながら、一年目から一軍の戦力と