【AFP=時事】国連(UN)のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長は15日、世界の新型コロナウイルスによる死者が200万人を超えたことを「痛ましい節目」を迎えたと嘆き、「ワクチン・ナショナリズム」に警鐘を鳴らした。グテレス氏は、「われわれはきょう、ワクチンの空白を目にしている」と述べた。「ワクチ