同志社大学に通う中国籍の女(26)が、同じ大学に通う日本人女子学生(22)に殴る蹴るの暴行を加え、熱湯をかけたなどとして、傷害容疑で逮捕された。中国籍の女は去年11月、京都府京都市中京区の自宅で、一緒にいた22歳の日本人女子学生に対し、顔を殴る蹴るした上、首元に熱湯をかけるなどして全治2週間の怪我を負わせた