在宅勤務の増加や年末年始のステイホーム生活などで、“家飲み需要”が高まっている。ついつい飲酒量が増えてしまいがちだが、2021年はその反動でノンアルコール飲料の市場が急拡大する可能性があるという。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が予測する。【写真】隠れた高評価ノンアルビール***毎年、年明け早々