広告収入が大幅に減り厳しい状況に陥る中、放送局は大胆な放送制度の見直しを迫られているようです(写真:flyingv43/iStock)11月に出そろった在京キー局の2020年度上期決算では、広告収入が軒並み大幅に減り、放送局単体の営業利益ではテレビ朝日とTBSが赤字に転落。フジテレビもわずか1億円と赤字寸前まで落ち込んだ。