何も改善されたところがない。例年のように、今年の韓国プロ野球のMVP・新人王を選定する投票でも、いたずらのような投票が繰り返された。【注目】巨人が獲得に乗り出した“大砲”も…韓国からメジャー進出を狙う5人成績を残せなかったクローザーや、昨年より防御率が2.40も悪化した先発投手をMVPの1位として投票する者がい