子どもにとって、右と左を区別するのはなかなか難しい。よく言われるのが「お箸を持つ方が右、お茶碗を持つ方が左」。だが、そう言われてもピンと来ないという子も、左手でお箸を持っている子もいるだろう。そんな中、あるお母さんが子どもでも左右が分かりやすいように工夫を施した上履きがツイッターに投稿され、話題にな