■副業解禁で起きた大企業内プロ人材の大量放出2020年10月、全日本空輸(以下、ANA)が従業員の副業範囲を広げ、他社との雇用契約を認める方針を明らかにしました。20年7月にはキリンホールディングスが副業を解禁しており、大企業が抱えていた人材が市場で急増しています。写真=iStock.com/maroke※写真はイメージです -