【AFP=時事】仏北西部ノルマンディー(Normandy)のモンサンミシェル(Mont Saint-Michel)で17日から18日にかけて、満潮で修道院の周りが水没し、かつての海に浮かぶ小島の姿がよみがえった。モンサンミシェルは1979年、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage)に登録された。【翻訳編集