筆者は小学生の頃、よく手塚治虫先生の作品を読んでいました。きっかけは、叔父の趣味。書棚にびっしりと手塚治虫全集なる作品が並んでおり、誰に勧めらたわけでもなく好奇心で読みだしたのですが、どっぷりとハマってしまい、端から端まで読み尽くしました。中でも印象深いのが『ブラック・ジャック』。医療を題材にし