バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、不法移民事案などを取り扱うイタリア財務警察の調査対象となった模様だ。22日、イタリアの通信社『ANSA』や同国紙『La Repubblica』が報じた。今夏のバルセロナ退団が確実視されるスアレスは、先日までユヴェントスへの加入が決定的と報じられていた。しかし