座ったときにも背骨のS字ラインがキープされるのが重要 直立二足歩行の人類にとって、「腰痛」は避けては通れないものなのかもしれない。上半身の質量は、立っても座っても常に腰の部分に負荷をかけることになっているからだ。そのため、人類には左右の骨盤の間にある、5つの背骨が融合させて、他の哺乳類にはない「仙骨