木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑む将棋の第61期王位戦7番勝負第2局は13日午後6時、北海道札幌市のホテルエミシア札幌で第1日を終了した。局面は後手の藤井が40手目を考慮中。手番となって約30分考え、正立会人の深浦康市九段に封じ手の意思を伝えた。藤井の封じ手はタイトル戦初。対局は14日午前9時に再開