シンガポールでは現在、国会解散に伴う7月10日投開票の総選挙に向け、選挙戦が展開されている(5年任期、定数93)。“国父”と言われる初代首相のリー・クアンユー(1923〜2015)の長男で、リー・シェンロン首相(68)には思わぬ敵が出現している。東南アジア情勢に詳しいジャーナリストの末永恵氏が取材した。***