プラネットは5月25日、「在宅生活に関する意識調査」の結果を発表した。調査は5月1日〜7日、男女3,804名(男性2,252名、女性1,552名)を対象にインターネットで行われた。在宅機会が増えた影響により、生活はどのように変化したか。調査によると、新型コロナウイルス感染対策のために在宅する機会が「増えた」という人は95.1%