「火事と喧嘩は江戸の華」と申しますが、江戸時代は木造建築であったため、本当に火事が多くありました。また、今のように消火技術も進歩していませんでしたので、ひとたび火事が起こってしまうと、早期に鎮火する事が難しく、町全体がたびたび灰燼に帰すという事も少なくありませんでした。そのため、江戸時代は個人の家の