「つまらない仕事ばかりを振られる」と嘆く人がいる。元大阪府知事の橋下徹氏は「今の仕事は自分の商品価値を表している。自分に振られる仕事の質を高めたいなら、まずは圧倒的な量をこなすことが必要だ」と指摘する――。※本稿は、橋下徹『異端のすすめ 強みを武器にする生き方』(SB新書)の一部を再編集したものです。