現代では着用するのが当たり前である、下着としてのパンツ。しかしながら、着物が主流であった私たち日本人にとっては、歴史的にみるとパンツには大変なじみが薄く、新参者であると言えます。むしろ昭和の初期くらいまでは履くタイプのパンツは着物を着用した際に下着のラインが浮き出てしまうため、下品だとされていました