耐性懸念で「ゾフルーザ」売上が96%減の急失速 塩野義製薬の大誤算

ざっくり言うと

  • 塩野義製薬のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」の売上が急失速している
  • 2019年4〜12月の売上高が、前年同期比でなんと96%も減少
  • 「耐性ウイルス」への懸念が背景にあり、幅広い年代に避けられているという
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド