本業の“政治家”としての活躍ぶりは相変わらずパッとしない印象の小泉進次郎環境相(38)。プライベートでは、第1子が生まれて早々、不倫報道に見舞われ、満を持しての育児休暇取得にもミソがついてしまった。さらに、「父の純一郎元総理からも“改めて休暇だなんて言わなくてよい”と苦言を呈されました」(政治部記