「ニュアンスが違う」設楽悠太の五輪辞退発言を巡り大迫傑が見解述べる

ざっくり言うと

  • 設楽悠太は、東京マラソンの記録が2時間5分台なら五輪を辞退すると発言した
  • 「そのくらいの気持ち」で走るという意味だと思うと、大迫傑は見解を示した
  • 「ちょっとニュアンスが違う。うまくメディアが伝え切れていない」と語った
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド